スポーツトレーナー・スポーツインストラクターを現場で育てる日本初の専門学校
愛ある保育士・幼稚園教諭養成専門学校

東京YMCA 社会体育・保育専門学校

創立40周年の伝統と実績 スポーツ・保育業界のパイオニア
学校説明会・体験入学のご案内
社会体育専門課程保育専門課程

記事一覧

    乳児保育(0〜2歳児)の特徴は?仕事内容、必要なスキル
    保育

    保育士のニーズが高まる中、とくに今注目されているのが、「乳児保育」の分野です。 産休が明けてすぐの赤ちゃんを含め、0〜2歳児を預かる乳児保育には、どんな特徴があるのでしょうか? また、保育士にはどんなスキルが求められるのでしょうか? 今回...

    子供好きに最適!こどもスポーツインストラクターの仕事とは
    スポーツ/体育

    体を動かすことが好きだし、子どもと接することも好き。そんなあなたにオススメしたい仕事といえば、やはり「こどもスポーツインストラクター」です。 今回は、子ども&スポーツの両方に携われる「こどもスポーツインストラクター」の仕事について、どんな...

    フリー保育士とは?仕事内容、やりがいと悩みを解説
    保育

    今、保育の現場に不可欠の仕事として存在感を放っている「フリー保育士」。しかし、フリー保育士という言葉は、一般の人にとってはあまり聞き慣れないかもしれません。 今回は、保育園を支える屋台骨とも言える「フリー保育士」について、仕事内容や、働く...

    スポーツトレーナーの1日〜ジム&フィットネス勤務編〜
    スポーツ/体育

    スポーツトレーナーにはいろいろな種類があり、働き方もさまざまです。シフト制でスポーツクラブに勤務する人もいれば、アスリートやチームの専属として全国を飛び回る人や、パーソナルジムを開業して個人事業主になる人もいます。 働き方によって、1日の...

    怪我予防を指導する際、トレーナーが意識したいポイント4つ
    スポーツ/体育

    クライアントの怪我を予防することは、スポーツトレーナーの仕事における最重要事項の一つです。 一般的に、怪我(捻挫、骨折、肉離れ、靭帯の損傷など)は、一度経験すると同じ箇所で再発しやすくなります。このため、怪我をした後の応急処置はもちろん、...

    運動が苦手でもスポーツトレーナーになれる!本当に大切な事
    スポーツ/体育

    「運動が苦手な人は、スポーツトレーナーになれない」......あなたは、そんなふうに思い込んでいませんか? じつは、そんなことはありません。 運動が苦手でも、スポーツ系の部活に所属していなくても、スポーツトレーナーになれます。実際に、スポ...

    幼保無償化の認定ベビーシッターとは?制度をやさしく解説
    保育

    海外のみならず、日本でも徐々に浸透しつつある保育様式が、ベビーシッターです。保育士の免許取得を目指す人なら、働き方の選択肢の1つとして、ベビーシッターを視野に入れることもあるでしょう。 ベビーシッターとして働く上で、ぜひ知っておきたい制度...

    ホットヨガインストラクターになるには?ヨガとの違いを解説
    スポーツ/体育

    日本でも世界でも、多くの人に愛される、ヨガ。その中でも今、高温多湿の室内で行う「ホットヨガ」のニーズが高まっています。 ホットヨガは、ヨガの一形態として近年急激に発展、浸透してきました。そのため、通常のヨガに比べまだまだインストラクターの...

    幼児の運動能力が低下している原因は?保育現場にできること
    保育

    近年、日本の子どもの運動能力の低下が、大きな問題となっています。 現代の子どもたちは、身長が伸びて体格はよくなっているものの、「走る、跳ぶ、投げる」といった体を動かす基礎能力がぐっと下がっているのです。 子どもの運動能力低下問題は、なぜ起...

    海外でも活躍!ヨガインストラクターの仕事内容とお勧め資格
    スポーツ/体育

    心身ともに健康に近づける、ヨガ。そのヨガを人に教え、安全に、また効果的に行うサポートをするのが「ヨガインストラクター」の仕事です。 日本はもちろん、海外でも活躍可能なヨガインストラクターという職業について、仕事内容や目指す方法、おすすめの...

カテゴリー
体験入学・学校説明会のご案内
動画で見るキャンパスライフ部活動
アクセスマップよくあるご質問
ページトップに戻る