スポーツトレーナー・スポーツインストラクターを現場で育てる日本初の専門学校
愛ある保育士・幼稚園教諭養成専門学校

東京YMCA 社会体育・保育専門学校

資料請求 LINE
創立40周年の伝統と実績 スポーツ・保育業界のパイオニア
お電話でのお問い合わせ

03-3615-5577

資料請求 LINE
説明会・体験入学
社会体育専門課程保育専門課程
学校説明会・体験入学のご案内
社会体育専門課程保育専門課程

サッカーコーチになるには?必要な資格やスキルを解説

201903_soccer.jpg

世界のサッカー人口は2億5千万人を超えると言われ、サッカーの国際連盟には200を超える国が登録されています。2020年には東京オリンピックを迎える日本のサッカー熱も、今後ますます高まっていくことでしょう。サッカーが好きな人の中には、サッカーに関わる仕事がしたい、人にサッカーを教えるコーチの仕事に就きたい、と考えている人も多いはず。

サッカーコーチになるには、どんなことをすれば良いのでしょうか? また、実際の仕事内容はどのようなものなのでしょうか?



サッカーコーチになるには?

サッカーコーチになるためには、必要な資格(JFA発行のライセンスなど)を取得して、資格に合致したサッカースクールやクラブチームなどに勤める流れが一般的です。中にはライセンスを持たずにコーチをしているケースもありますが、その多くは、あくまでも「地元の少年チームをボランティアで監督・指導する保護者」といった立場です。

サッカーコーチとして生計を立てていくのであれば、早い段階で資格をとる必要があります。


一般的に「コーチ=元花形選手」といったイメージがあるかもしれません。しかしサッカーコーチやクラブチームの監督になるためには、選手としての特別な経歴はとくに必要ありません。自分がプレイして勝つ技術と、人に勝ち方を指導する技術とは、全くの別物です。サッカーの経験が少しでもある人ならば(ときには全く未経験であっても)、指導する技術と「サッカーが好きだ」「プレイヤーを育てたい」という気持ちさえあれば、コーチとして成功することは充分可能です。


指導する技術を身につけるためにも、ライセンス取得は役立ちます。指導者ライセンスを取得するために勉強することひとつひとつが、自分の指導能力につながるのです。




サッカーコーチの仕事内容は?

サッカーコーチと一口に言っても、自分の子供がいる少年チームをボランティアで指導する人から、プロリーグに携わる人までさまざまです。人口が最も多いのは、サッカースクールのコーチでしょう。


多くのサッカースクールでは、未就学児〜中学生くらいまでの年代を中心に指導します。小学生、未就学児、といった特定の年代ごとのチームを指導する場合もあれば、ひとりのコーチが全年代をいっぺんに指導する場合もあります。


サッカースクールのコーチにとって最も重要な仕事は、子どもたちにサッカーの楽しさや技術、戦術を教えることです。とくに小学生くらいまでの子どもたちにとっては、コーチとの出会いがサッカーへの入り口となることもあります。次世代の若き新芽を大樹に育て上げる、その最初の一歩を担うという意味で、やりがいの大きい仕事です。



サッカーコーチの仕事は、日常のトレーニングを指導するだけではありません。トレーニングのメニューを作り、選手ひとりひとりの状態を見ながらモチベーションをキープし、試合の際には監督として働くことも。


また、サッカー以外の業務もあります。
スクールやクラブチーム運営団体の職員として、事務処理や雑務をこなしたり、集客イベントを企画したり、ビラをポスティングしたり。指導する子どもたちの保護者と関わる場面もあるでしょう。自身がフットサル場を経営しながらサッカースクールのコーチをする、というケースでは、運営に関わる仕事も当然発生します。


サッカーコーチの仕事は、見えない部分では意外と多岐にわたるのです。




サッカーコーチに必要な資格は?

国内でサッカーコーチを目指すのであれば、JFA(日本サッカー協会)の公認ライセンスを取得するのが一般的です。
JFAではサッカー指導者のためのライセンスを独自の認定基準で定めており、上はS級から下はD級まで、目的に合わせて取得できます。主な区分は次のとおりです。


  • S級:日本代表チームの監督レベル。
  • A級(ジェネラル):Jリーグのトップチーム、JFL、なでしこリーグのコーチ・監督レベル。
  • A級(U-12):Jリーグクラブ、JFA等で、12歳以下の指導を行うために必須のライセンス。
  • B級:高校生以下のチームのコーチ・監督レベル。
  • C級:小学生などのチームのコーチ・監督レベル。
  • D級:指導者ライセンスの最も初級。内容はC級の要点をまとめたもの。

これらのライセンスのうち、B級以上を取得するためには、JFA、Jリーグ、全日本大学連盟、全国社会人連盟など所定団体の推薦が必要です。C級・D級ライセンスは、年齢や講座履修などの条件を満たせば誰でも取得が可能です。


JFAのライセンスには、他に「キッズリーダー」というものがあります。
こちらは選手の指導やチームの育成というよりも、むしろ子どもたちにサッカーの楽しさを伝えることに重点を置く指導者ライセンスです。満16歳から取得でき、3時間の講義修了後、実技・筆記試験に合格すれば授与されます。サッカークラブのボランティアコーチや保護者に向いています。




サッカーコーチに求められるスキルは?

サッカーコーチとして働くためには、次のようなスキルが求められます。


◆技術

戦術や試合の分析能力、トレーニング理論、モチベーションを高めるための理論、選手ひとりひとりのコンディションを把握して監督するといった、指導者・監督としての技術です。


◆コミュニケーション能力

人に何かを教えるためには、感情を汲み取ったり、伝わるような話し方を工夫したりといったコミュニケーション能力が大切です。とくに子どもたちの指導では、技術だけでなくメンタル面でのサポートも重要な要素になります。忍耐強さや褒め上手といった特性は、サッカーコーチに向いています。


◆向上心

指導に必要なトレーニング理論やモチベーションを上げる技術などは、どんどん進化しています。常に最新の技術を身に着けようとする向上心も重要です。


◆英語力

指導者としていずれは海外での活躍を目指す、という方なら、もちろん英語力も必要になってきます。また国内で働く場合も、仕事で出会う関係者が海外出身者であったり、指導する子どもたちの保護者が海外からの移住者だったりする場面は、ますます増えていくでしょう。国内であっても、英語が話せることで活躍の場が広がる可能性はおおいにあります。




夢が広がるサッカーコーチの仕事。ちなみにJFAのライセンスの中でも、C級であれば週末を2回費やすことで取得できます。体育系の専門学校でトレーニングやメンタルに関する技術・理論を学びながら、同時にライセンス取得を目指すことは、充分可能である上、スムーズな就職に繋がります。


興味を持たれた方は、東京YMCA社会体育・保育専門学校の公式サイトをご覧ください。無料の資料請求も行っています。

201903_soccer.jpg

世界のサッカー人口は2億5千万人を超えると言われ、サッカーの国際連盟には200を超える国が登録されています。2020年には東京オリンピックを迎える日本のサッカー熱も、今後ますます高まっていくことでしょう。サッカーが好きな人の中には、サッカーに関わる仕事がしたい、人にサッカーを教えるコーチの仕事に就きたい、と考えている人も多いはず。

サッカーコーチになるには、どんなことをすれば良いのでしょうか? また、実際の仕事内容はどのようなものなのでしょうか?



サッカーコーチになるには?

サッカーコーチになるためには、必要な資格(JFA発行のライセンスなど)を取得して、資格に合致したサッカースクールやクラブチームなどに勤める流れが一般的です。中にはライセンスを持たずにコーチをしているケースもありますが、その多くは、あくまでも「地元の少年チームをボランティアで監督・指導する保護者」といった立場です。

サッカーコーチとして生計を立てていくのであれば、早い段階で資格をとる必要があります。


一般的に「コーチ=元花形選手」といったイメージがあるかもしれません。しかしサッカーコーチやクラブチームの監督になるためには、選手としての特別な経歴はとくに必要ありません。自分がプレイして勝つ技術と、人に勝ち方を指導する技術とは、全くの別物です。サッカーの経験が少しでもある人ならば(ときには全く未経験であっても)、指導する技術と「サッカーが好きだ」「プレイヤーを育てたい」という気持ちさえあれば、コーチとして成功することは充分可能です。


指導する技術を身につけるためにも、ライセンス取得は役立ちます。指導者ライセンスを取得するために勉強することひとつひとつが、自分の指導能力につながるのです。




サッカーコーチの仕事内容は?

サッカーコーチと一口に言っても、自分の子供がいる少年チームをボランティアで指導する人から、プロリーグに携わる人までさまざまです。人口が最も多いのは、サッカースクールのコーチでしょう。


多くのサッカースクールでは、未就学児〜中学生くらいまでの年代を中心に指導します。小学生、未就学児、といった特定の年代ごとのチームを指導する場合もあれば、ひとりのコーチが全年代をいっぺんに指導する場合もあります。


サッカースクールのコーチにとって最も重要な仕事は、子どもたちにサッカーの楽しさや技術、戦術を教えることです。とくに小学生くらいまでの子どもたちにとっては、コーチとの出会いがサッカーへの入り口となることもあります。次世代の若き新芽を大樹に育て上げる、その最初の一歩を担うという意味で、やりがいの大きい仕事です。



サッカーコーチの仕事は、日常のトレーニングを指導するだけではありません。トレーニングのメニューを作り、選手ひとりひとりの状態を見ながらモチベーションをキープし、試合の際には監督として働くことも。


また、サッカー以外の業務もあります。
スクールやクラブチーム運営団体の職員として、事務処理や雑務をこなしたり、集客イベントを企画したり、ビラをポスティングしたり。指導する子どもたちの保護者と関わる場面もあるでしょう。自身がフットサル場を経営しながらサッカースクールのコーチをする、というケースでは、運営に関わる仕事も当然発生します。


サッカーコーチの仕事は、見えない部分では意外と多岐にわたるのです。




サッカーコーチに必要な資格は?

国内でサッカーコーチを目指すのであれば、JFA(日本サッカー協会)の公認ライセンスを取得するのが一般的です。
JFAではサッカー指導者のためのライセンスを独自の認定基準で定めており、上はS級から下はD級まで、目的に合わせて取得できます。主な区分は次のとおりです。


  • S級:日本代表チームの監督レベル。
  • A級(ジェネラル):Jリーグのトップチーム、JFL、なでしこリーグのコーチ・監督レベル。
  • A級(U-12):Jリーグクラブ、JFA等で、12歳以下の指導を行うために必須のライセンス。
  • B級:高校生以下のチームのコーチ・監督レベル。
  • C級:小学生などのチームのコーチ・監督レベル。
  • D級:指導者ライセンスの最も初級。内容はC級の要点をまとめたもの。

これらのライセンスのうち、B級以上を取得するためには、JFA、Jリーグ、全日本大学連盟、全国社会人連盟など所定団体の推薦が必要です。C級・D級ライセンスは、年齢や講座履修などの条件を満たせば誰でも取得が可能です。


JFAのライセンスには、他に「キッズリーダー」というものがあります。
こちらは選手の指導やチームの育成というよりも、むしろ子どもたちにサッカーの楽しさを伝えることに重点を置く指導者ライセンスです。満16歳から取得でき、3時間の講義修了後、実技・筆記試験に合格すれば授与されます。サッカークラブのボランティアコーチや保護者に向いています。




サッカーコーチに求められるスキルは?

サッカーコーチとして働くためには、次のようなスキルが求められます。


◆技術

戦術や試合の分析能力、トレーニング理論、モチベーションを高めるための理論、選手ひとりひとりのコンディションを把握して監督するといった、指導者・監督としての技術です。


◆コミュニケーション能力

人に何かを教えるためには、感情を汲み取ったり、伝わるような話し方を工夫したりといったコミュニケーション能力が大切です。とくに子どもたちの指導では、技術だけでなくメンタル面でのサポートも重要な要素になります。忍耐強さや褒め上手といった特性は、サッカーコーチに向いています。


◆向上心

指導に必要なトレーニング理論やモチベーションを上げる技術などは、どんどん進化しています。常に最新の技術を身に着けようとする向上心も重要です。


◆英語力

指導者としていずれは海外での活躍を目指す、という方なら、もちろん英語力も必要になってきます。また国内で働く場合も、仕事で出会う関係者が海外出身者であったり、指導する子どもたちの保護者が海外からの移住者だったりする場面は、ますます増えていくでしょう。国内であっても、英語が話せることで活躍の場が広がる可能性はおおいにあります。




夢が広がるサッカーコーチの仕事。ちなみにJFAのライセンスの中でも、C級であれば週末を2回費やすことで取得できます。体育系の専門学校でトレーニングやメンタルに関する技術・理論を学びながら、同時にライセンス取得を目指すことは、充分可能である上、スムーズな就職に繋がります。


興味を持たれた方は、東京YMCA社会体育・保育専門学校の公式サイトをご覧ください。無料の資料請求も行っています。

カテゴリー
体験入学・学校説明会のご案内
動画で見るキャンパスライフ部活動
アクセスマップよくあるご質問
ページトップに戻る