スポーツトレーナー・スポーツインストラクターを現場で育てる日本初の専門学校
愛ある保育士・幼稚園教諭養成専門学校

東京YMCA 社会体育・保育専門学校

資料請求
創立38周年の伝統と実績 スポーツ・保育業界のパイオニア
お電話でのお問い合わせ

03-3615-5577

資料請求
説明会・体験入学
社会体育専門課程保育専門課程

保育士になるには?資格の取り方は?

89fe50ad803d5eb6b0483726f11cf040_w.jpg

近年、保育士不足が社会問題になっており、保育士の資格について興味を持っている人もいるのではないでしょうか。

国家資格のひとつである保育士は、保育士にかかわる学科を学んだ経験がなくても、一般の大学や短大を卒業したり、保育関係の実務経験があれば、保育士試験に合格することで資格を取得することができます。
この記事では、保育士になる方法や資格取得のルートについて紹介します。

保育士になるには?

保育士は保護者にかわって、子どもの世話をしたり、心身のすこやかな成長をサポートする職業です。
保育士になるには、指定の保育士養成施設を卒業するか、厚生労働省によって行われる保育士認定試験に合格し、保育士資格を取得する必要があります。

保育士は、保護者にかわりに、食事や身支度などの日常生活の世話をするだけでなく、子ども自身にも生活習慣を身につけさせなければなりません。
子どもになにかを教えるには、根気も必要であるため、保育士になるには子どもへの深い愛情があることが前提となります。

また、子どもの世話だけでなく、子どもの命や安全も引き受ける保育士は、豊富な知識やとっさの判断力が求められるため、責任のある仕事でもあります。
と同時に、日々の子どもの成長を見ることができる仕事はやりがいのある仕事です。

ふだんの仕事では、子どもに食事を与えたり、オムツを変えたりするだけでなく、時には保護者の子育てに関する悩み相談に乗ったり、必要に応じて地域と連携を取るなど、高いコミュニケーション能力も求められるでしょう。

保育士資格とは?

これまで、保育園や児童福祉施設で子どもの世話をする職業は「保母さん」と呼ばれていました。
しかし、1999年に児童福祉法が改正されて、2003年に施行されたことで、保育士は国家資格となりました。

以前までは、男性でも保母さんと呼ばれることもありましたが、法律の改定をきっかけに保育士と呼ばれるようになりました。
近年では、男性保育士も少しずつ増えていますが、男性ならではのダイナミックな遊びや、女性保育士とは異なった視点からの保育などが、保育の現場で期待されています。

保育士資格の取得方法は?

保育士資格取得のためのルートは、大きく分けて、保育士養成機関を卒業して取得する方法と、保育士認定試験に合格する方法の2つの方法があります。

保育士養成施設を卒業して取得する

国家資格である保育士ですが、国家試験を受けずに保育士養成機関を卒業することで、資格を取得することができます。
保育士養成施設を卒業して資格を取得する方法には以下のものがあります。

  • 大学の保育学科を卒業する
  • 短大の保育科卒業する
  • 専門学校の保育科を卒業する

保育士養成機関では、保育士の免許以外にも幼稚園教諭の免許が取得できるところもあります。
具体的には、大学で幼稚園教諭1種免許、短大や専門学校では幼稚園教諭2種免許が取得できます。

なお、保育士国家試験は合格率が20%前後であるため、卒業すれば保育士免許が取得できる養成機関に入学することがおすすめです。
養成機関の学費については、大学なら4年分、短大や専門学校なら2年分の費用がかかります。早く保育士として社会に出たいという人は、短大や専門学校の保育士の養成機関を目指すのもよいでしょう。

保育士認定試験に合格して取得する

保育士は保育士養成課程を取らなくても、認定試験に合格することで保育士になることができます。保育士認定試験の受験資格は以下の通りになります。

  • 大学を卒業した人、または2年以上在学して、62単位以上取得している人
  • 短大を卒業した人、または卒業見込みの人
  • 専門学校(2年以上)を卒業した人、または卒業見込みの人
  • 高校卒業後に児童福祉施設で2年以上かつ2880時間、子どもの保育に関わる仕事を経験した人
  • 中学卒業後に児童福祉施設で5年以上かつ7200時間、子どもの保育に関わる仕事を経験した人

幼稚園教諭との違いは?

保育士と間違われやすい職業に幼稚園教諭があります。
幼稚園教諭では、幼児にとっても学校にあたる幼稚園にて、幼児の体と心のすこやかな成長や発達を助けるという役割があります。

保育士が、保育園や児童福祉施設で、保護者にかわって子どもの世話をすることから、保育時間は10時間にも及ぶことがあります。
一方で、幼稚園で過ごす時間は幼児教育として捉えられており、4時間程度になります。

このような背景から、保育士と幼稚園教諭では国の管轄も異なり、保育士が厚生労働省によって資格を与えられるのに対し、幼稚園教諭では文部科学省により資格が与えられます。
なお、幼稚園教諭の資格を取るには、指定の大学や短大で必要な単位を取ってから、試験に合格する必要があります。

また、保育士の資格があり、実務経験が3年以上になる場合は、認定試験を合格することで、幼稚園教諭2種免許を取得することもできます。

89fe50ad803d5eb6b0483726f11cf040_w.jpg

近年、保育士不足が社会問題になっており、保育士の資格について興味を持っている人もいるのではないでしょうか。

国家資格のひとつである保育士は、保育士にかかわる学科を学んだ経験がなくても、一般の大学や短大を卒業したり、保育関係の実務経験があれば、保育士試験に合格することで資格を取得することができます。
この記事では、保育士になる方法や資格取得のルートについて紹介します。

保育士になるには?

保育士は保護者にかわって、子どもの世話をしたり、心身のすこやかな成長をサポートする職業です。
保育士になるには、指定の保育士養成施設を卒業するか、厚生労働省によって行われる保育士認定試験に合格し、保育士資格を取得する必要があります。

保育士は、保護者にかわりに、食事や身支度などの日常生活の世話をするだけでなく、子ども自身にも生活習慣を身につけさせなければなりません。
子どもになにかを教えるには、根気も必要であるため、保育士になるには子どもへの深い愛情があることが前提となります。

また、子どもの世話だけでなく、子どもの命や安全も引き受ける保育士は、豊富な知識やとっさの判断力が求められるため、責任のある仕事でもあります。
と同時に、日々の子どもの成長を見ることができる仕事はやりがいのある仕事です。

ふだんの仕事では、子どもに食事を与えたり、オムツを変えたりするだけでなく、時には保護者の子育てに関する悩み相談に乗ったり、必要に応じて地域と連携を取るなど、高いコミュニケーション能力も求められるでしょう。

保育士資格とは?

これまで、保育園や児童福祉施設で子どもの世話をする職業は「保母さん」と呼ばれていました。
しかし、1999年に児童福祉法が改正されて、2003年に施行されたことで、保育士は国家資格となりました。

以前までは、男性でも保母さんと呼ばれることもありましたが、法律の改定をきっかけに保育士と呼ばれるようになりました。
近年では、男性保育士も少しずつ増えていますが、男性ならではのダイナミックな遊びや、女性保育士とは異なった視点からの保育などが、保育の現場で期待されています。

保育士資格の取得方法は?

保育士資格取得のためのルートは、大きく分けて、保育士養成機関を卒業して取得する方法と、保育士認定試験に合格する方法の2つの方法があります。

保育士養成施設を卒業して取得する

国家資格である保育士ですが、国家試験を受けずに保育士養成機関を卒業することで、資格を取得することができます。
保育士養成施設を卒業して資格を取得する方法には以下のものがあります。

  • 大学の保育学科を卒業する
  • 短大の保育科卒業する
  • 専門学校の保育科を卒業する

保育士養成機関では、保育士の免許以外にも幼稚園教諭の免許が取得できるところもあります。
具体的には、大学で幼稚園教諭1種免許、短大や専門学校では幼稚園教諭2種免許が取得できます。

なお、保育士国家試験は合格率が20%前後であるため、卒業すれば保育士免許が取得できる養成機関に入学することがおすすめです。
養成機関の学費については、大学なら4年分、短大や専門学校なら2年分の費用がかかります。早く保育士として社会に出たいという人は、短大や専門学校の保育士の養成機関を目指すのもよいでしょう。

保育士認定試験に合格して取得する

保育士は保育士養成課程を取らなくても、認定試験に合格することで保育士になることができます。保育士認定試験の受験資格は以下の通りになります。

  • 大学を卒業した人、または2年以上在学して、62単位以上取得している人
  • 短大を卒業した人、または卒業見込みの人
  • 専門学校(2年以上)を卒業した人、または卒業見込みの人
  • 高校卒業後に児童福祉施設で2年以上かつ2880時間、子どもの保育に関わる仕事を経験した人
  • 中学卒業後に児童福祉施設で5年以上かつ7200時間、子どもの保育に関わる仕事を経験した人

幼稚園教諭との違いは?

保育士と間違われやすい職業に幼稚園教諭があります。
幼稚園教諭では、幼児にとっても学校にあたる幼稚園にて、幼児の体と心のすこやかな成長や発達を助けるという役割があります。

保育士が、保育園や児童福祉施設で、保護者にかわって子どもの世話をすることから、保育時間は10時間にも及ぶことがあります。
一方で、幼稚園で過ごす時間は幼児教育として捉えられており、4時間程度になります。

このような背景から、保育士と幼稚園教諭では国の管轄も異なり、保育士が厚生労働省によって資格を与えられるのに対し、幼稚園教諭では文部科学省により資格が与えられます。
なお、幼稚園教諭の資格を取るには、指定の大学や短大で必要な単位を取ってから、試験に合格する必要があります。

また、保育士の資格があり、実務経験が3年以上になる場合は、認定試験を合格することで、幼稚園教諭2種免許を取得することもできます。

動画で見るキャンパスライフ部活動
アクセスマップよくあるご質問
ページトップに戻る