スポーツトレーナー・スポーツインストラクターを現場で育てる日本初の専門学校
愛ある保育士・幼稚園教諭養成専門学校

東京YMCA 社会体育・保育専門学校

資料請求
創立36周年の伝統と実績 スポーツ・保育業界のパイオニア
お電話でのお問い合わせ

03-3615-5577

資料請求
説明会・体験入学
社会体育専門課程保育専門課程
東京YMCA社会体育・保育専門学校ニュース

2017/11/29

保育科「専門実践教育訓練給付金制度」

社会人経験のある入学希望者の方にお知らせです!

 

本校の保育科は、厚生労働省「専門実践教育訓練給付金制度」の教育訓練講座に認定されています。

「専門実践教育訓練給付金制度」とは、働く人の能力開発やキャリアアップの支援を目的として、国が受講費用の一部を給付する制度です。

 

厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を自己負担で受講した際、入学金や授業料など、教育訓練に支払った経費の40%(年間上限32万円)にあたる給付を最大2年間受けることができます。

さらに受講修了(保育士資格取得)後、雇用保険の一般被保険者として雇用された場合には、20%の追加支給(年間上限16万円)があります。

合計で教育訓練経費の60%相当額、最大96万円を受けることができます。

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

 

【受講のながれ】

20171129.jpg
20171129.jpg


①受給資格&支給要件の確認

 専門実践教育訓練の教育訓練給付金の支給申請に先立ち、入学予定日時点での受給資格の有無など、あらかじめハローワークで支給要件を確認しましょう。

 ※本校では受給資格の確認はできません。ハローワークでの確認が必要です。

 

②訓練前キャリア・コンサルティング」受講&「ジョブ・カード」作成

 訓練対応キャリアコンサルタントによる訓練前キャリアコンサルティングで、就業の目標、職業能力の開発・向上に関する事項を記載したジョブ・カードの交付を受けてください。

※訓練対応キャリアコンサルタントの所在については最寄りのハローワークへお問い合わせください。

※在職者の場合は訓練前キャリアコンサルティングを受けず、勤務先の事業主が専門実践教育訓練の受講を承認したことを証明する書類でも可能です。

 

③出願・入学試験

 願書を東京YMCA社会体育・保育専門学校に提出、入学試験を受験します。

  

④受講前申請

 入学試験合格後、受講開始日の1か月前までに教育訓練給付金受給資格確認票などの必要書類をハローワークへ提出し、申請手続きを行います。

  

⑤入学手続・入学・受講

 学費納入・手続書類の提出など、本校の入学手続を行い、受講を開始します。

 ※詳しい手続方法については、合格通知と同封の入学手続要項をご確認ください。

  

⑥領収書発行・教育訓練修了証明書の発行

 申請に必要な領収書や教育訓練受講・修了証明書などを本校より発行します。

  

⑦支給申請

 教育訓練給付金支給申請書等、申請書類をハローワークへご提出ください。

※訓練受講中は、受講開始日から6か月ごとの期間の末日の翌日から1か月以内が支給申請期間です。

※訓練修了後は、修了日の翌日から1か月以内が支給申請期間です。

※追加給付は、一般被保険者として雇用された日の翌日から1か月以内が支給申請期間です。

※申請漏れや書類不備による受給資格の失効に関して、本校での責任は負いかねますのでご注意ください。

  

⑧給付金支給

 審査に通りましたら、給付金が入金されます。

 

その他、専門実践教育訓練についての詳細は最寄りのハローワークにお問い合わせ、または厚生労働省のホームページをご覧ください。

 

 

東京YMCA社会体育・保育専門学校

入学相談室

TEL:03-3615-5577

社会人経験のある入学希望者の方にお知らせです!

 

本校の保育科は、厚生労働省「専門実践教育訓練給付金制度」の教育訓練講座に認定されています。

「専門実践教育訓練給付金制度」とは、働く人の能力開発やキャリアアップの支援を目的として、国が受講費用の一部を給付する制度です。

 

厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を自己負担で受講した際、入学金や授業料など、教育訓練に支払った経費の40%(年間上限32万円)にあたる給付を最大2年間受けることができます。

さらに受講修了(保育士資格取得)後、雇用保険の一般被保険者として雇用された場合には、20%の追加支給(年間上限16万円)があります。

合計で教育訓練経費の60%相当額、最大96万円を受けることができます。

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

 

【受講のながれ】

20171129.jpg
20171129.jpg


①受給資格&支給要件の確認

 専門実践教育訓練の教育訓練給付金の支給申請に先立ち、入学予定日時点での受給資格の有無など、あらかじめハローワークで支給要件を確認しましょう。

 ※本校では受給資格の確認はできません。ハローワークでの確認が必要です。

 

②訓練前キャリア・コンサルティング」受講&「ジョブ・カード」作成

 訓練対応キャリアコンサルタントによる訓練前キャリアコンサルティングで、就業の目標、職業能力の開発・向上に関する事項を記載したジョブ・カードの交付を受けてください。

※訓練対応キャリアコンサルタントの所在については最寄りのハローワークへお問い合わせください。

※在職者の場合は訓練前キャリアコンサルティングを受けず、勤務先の事業主が専門実践教育訓練の受講を承認したことを証明する書類でも可能です。

 

③出願・入学試験

 願書を東京YMCA社会体育・保育専門学校に提出、入学試験を受験します。

  

④受講前申請

 入学試験合格後、受講開始日の1か月前までに教育訓練給付金受給資格確認票などの必要書類をハローワークへ提出し、申請手続きを行います。

  

⑤入学手続・入学・受講

 学費納入・手続書類の提出など、本校の入学手続を行い、受講を開始します。

 ※詳しい手続方法については、合格通知と同封の入学手続要項をご確認ください。

  

⑥領収書発行・教育訓練修了証明書の発行

 申請に必要な領収書や教育訓練受講・修了証明書などを本校より発行します。

  

⑦支給申請

 教育訓練給付金支給申請書等、申請書類をハローワークへご提出ください。

※訓練受講中は、受講開始日から6か月ごとの期間の末日の翌日から1か月以内が支給申請期間です。

※訓練修了後は、修了日の翌日から1か月以内が支給申請期間です。

※追加給付は、一般被保険者として雇用された日の翌日から1か月以内が支給申請期間です。

※申請漏れや書類不備による受給資格の失効に関して、本校での責任は負いかねますのでご注意ください。

  

⑧給付金支給

 審査に通りましたら、給付金が入金されます。

 

その他、専門実践教育訓練についての詳細は最寄りのハローワークにお問い合わせ、または厚生労働省のホームページをご覧ください。

 

 

東京YMCA社会体育・保育専門学校

入学相談室

TEL:03-3615-5577

動画で見るキャンパスライフ部活動
アクセスマップよくあるご質問
ページトップに戻る